カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

 

お茶の成分

お茶の成分


エピガロカテキン ガレート

無色針状の結晶。お茶のにが渋味のもとになるタンニンの母体となるカテキン類の一種で、そのうちの役50%を占める。茶葉中には重量の5〜7%含まれる。抗酸化、抗菌、血中コレステロール上昇抑制、血糖上昇抑制抗う食(虫歯を防ぐ)脱臭など、さまざまな生理作用がある。


遊離型テアフラビン

紅茶浸出液のあざやかな紅色のもととなる成分、品質の高い紅茶ほど多く含まれている。茶葉のカテキン類が、紅茶製造の発酵過程で酸化され重合したもの、緑茶には含まれない。カテキン類と比較しても、その含有量は少ないが紅茶でうがいをするとインフルエンザウイルスに効くなどの生理的作用がある。


3)カフェイン茶葉、コーヒー豆、ココア等に含まれるアルカロイド、軽い苦みがある。 食品が異なっても含まれるカフェインの化学構造は同一、血液の循環をよくし、心拍数を増加させ酵素消費量を上げる。利尿作用があり、中枢神経を刺激し、脳の働きを活性化させる。等など、さまざまな生理作用がある。 お茶を飲んで1〜2時間後に頭が最も冴える。


4)ビタミンC茶葉に多く含まれるが、発酵過程で分解されるため紅茶葉には含まれない。水溶性で熱にも強い為、緑茶浸出液には多い。レモン果汁10cc分のビタミンCは緑茶なら2〜5gの浸出液に含まれる。


5)テアニンお茶の含まれる旨味成分であるアミノ酸の一種で、一番茶ではそのうち約75%を占める。根で作られ茎を通って葉に移り貯えられる。葉に日光が当たると、次第にカテキン類に変化するため、おおいをかけて育てる玉露に多く含まれる。他の植物にはあまりみられない茶葉特有の成分。

O157と緑茶カテキン

お茶の効能

O157と緑茶カテキン


猛威をふるった腸管大腸菌O157―。
食事のときの飲茶習慣には、健康を保つ知恵が。

カテキンの殺菌効果は、昭和大学島村教授が研究発表して話題になりました。

 腸管大腸菌O157は、一時的に死滅したように見えても、一度適応するとまた増殖するため、抵抗力の弱い子供やお年寄りに発病しやすい。O157がほかの大腸菌と違う最大の特徴はベロ毒素を出すこと。
 緑茶の渋味成分カテキンには、抗生物質と同じように体内で有害な菌を退治する殺菌作用があります。カテキンは細菌の細胞膜を破壊するので、菌は増殖せずに死滅していきます。さらに、コレラや食中毒による下痢は細菌の出す毒素が原因ですが、カテキンは細菌だけでなく、その毒素に対しても坑毒素作用があります。O157の出すベロ毒素にも同じように働くのです。つまり、菌と毒素の両方に作用するのがカテキン―お茶はもともと中国では解毒剤として使われたようですが、それを裏付けるのがカテキンの働きだと考えられます。
 

では、どのように飲めば効果が得られるか。一度に体の中に入る菌の数は数百から千個くらいですから、食事中に湯呑み1杯のお茶を飲むだけで、十分に効果が期待できます。実験では、1万個のO157の菌が入った液に0.9ccの緑茶を入れたものが、5時間で殺菌された結果が出ています。効果があるからと意識して飲むのではなく、自然な習慣としての飲茶をおすすめします。

お茶が水虫に!?

お茶が水虫に!


 「カテキン」は、お茶の苦味成分です。「ちょっとそのまま飲むには、健康に良いといわれても…。」実は、お茶は、お肌にもよいのです。現在県茶業会議所では「アトピーにも効くのでは?」と調査中とのこと。では、ちょっと変わったお茶の使い方をご紹介します。

 江戸時代、赤ちゃんのおむつかぶれに、お茶を粉にして使ったとか…。
ご家庭で簡単にできる、お茶の殺菌効果を活かした入浴法「緑茶風呂」。
細菌を退治しますから、肌荒れを防ぎ、水虫にも効果があり、無香料無着色の自然な香りでリラックス。風呂あがりはお肌しっとり、肌荒れ予防にも良い……水虫がない方もぜひお試しください。

お茶美人!

お茶で美人!


女の人は、お茶を選ぶ理由に「甘くないから」「ノンカロリーだから」といいます。
さてさて、お茶のどんなところに女の子にもてるワザがあるのでしょうか?
お茶と美容の関係を詳しくさぐる――今回は「お茶で美人になる?」がテーマです。


             お茶に含まれているビタミンC

肌に弾力を与え、水分の減少を防ぎ、メラニン色素の生成を抑制するビタミンC。一日に必要なビタミンCは50mgですが、これがなかなか摂れないもの。そこでご注目いただきたいのが、緑茶のビタミンCです。レモン果汁10cc分のビタミンCが、緑茶なら2〜5gのお茶(浸出液)に含まれています。しかも、緑茶ビタミンCは、比較的熱に強く、保存にすぐれていて、しかも合成されたものではない自然の産物。お茶を飲むことは、からだの内側からキレイになる美容の習慣なのです。


食前に濃いお茶を飲むダイエット

お茶はもちろんノンカロリー。そのうえ緑茶に含まれるカテキンには、糖分や脂質の代謝を促進し、カロリーの消化を助け、悪玉コレステロールを分解する働きがあります。食事をとる前に濃いお茶を飲むことで、カテキンが胃の壁に膜をつくり、カロリーの吸収を抑えることができるのです。それから、お茶に含まれるタンニンは腸の働きを活発にするので、便秘でお悩みの方にはさらにGOOD。お茶の中でもビタミンC、タンニン、カフェインをあわせ持つ緑茶は、ダイエットに欠かせない飲み物です。


お茶の渋みがダイエットの味方をする

 ごはん、パン、ケーキ、スナック菓子などの嗜好品は、デンプンや砂糖が主成分。これらの成分は、小腸でアミラーゼのはたらきでブドウ糖に分解されて体内にグリコーゲンや脂肪として蓄えられます。これが、コワイ。
 ここで働くのが、お茶の渋み成分である「カテキン」。デンプンや砂糖がブドウ糖に分解されるのを防ぐのです。しかも、普通の食事には影響しないので、やせたり食欲がなくなったりすることはなく、余分なデンプンを外に出す働きをするから便秘にも良いという、じつに身体によい成分であることが確認されています。

ストレスは美容の大敵!緑茶でリラックス。

『一期一会』と言われるように、飲むだけではなくお茶をいれるゆったりとした時間や一緒に飲む人への「おもてなし」の心も、お茶を楽しむ大切な要素です。お茶をいれるのに「お作法」に縛られることはないけれど、茶器を選んだり、茶わんを温めたり、お茶が抽出されるのを待つ…など、お茶をいれるプロセスも味わいのうち。そんな細やかな気配りが、あわただしい日々の中で心もからだもリラックスするぜいたくな時間をつくりだします。
また、お茶を飲むとα波の出る頻度が増えるともいわれており、ゆっくりとお茶を飲みながらおしゃべりをする心のゆとりが、きれいになる秘訣かもしれません。

お茶を飲んで、がん予防!

お茶を飲んで、がん予防!


ヒトの細胞に突然変異を起こして、転移してしまうコワーイがん。ヒトががんになる原因は、主に食生活を中心にした日ごろの生活にあるといわれます。では、毎日飲むお茶の習慣は、どんなふうに効果があるのでしょうか。


お茶の産地はがん死亡が低い

全国の60%のお茶が生産されている静岡県。静岡の人たちは、他県よりもたくさんお茶を飲みます。この茶産地静岡において、がん死亡を比較したデータを、静岡県立大学の小國伊太郎先生と原田昇先生が発表されています。


緑茶の何ががんを抑制するのか

緑茶の発がん抑制効果について、日本、中国、アメリカの様々な機関で研究が行なわれています。
がん抑制に働いているのは、やはりカテキン。お茶の腫瘍に対する作用をマウス実験したものでは、その抑制率が70%から20%という結果が出ています。

お茶が血糖値を下げる

お茶が血糖値を下げる


 おいしいものを食べることを制限されるつらーい糖尿病。今後ますます増加すると予測されています。日系ハワイ人の40%に糖尿病がみられたという末恐ろしい報告もあるそうで、豊かな日本で飽食の時代を過ごしてきたわたしたちも、日常生活での予防を意識した方がいいようです。今回は、緑茶の血糖値を下げる作用についてのお話です。


どうして糖尿病になるの?

人は血管の細胞と共に老いる

 わたしたちの生命は、たんぱく質が機能している姿であり、身体は合成と分解を繰り返しています。DNAの情報を基にたんぱく質を合成する工程をコーディングといい、このコーディングの過程でトラブルが起き始めると、糖尿病やがんが発生することが解ってきました。30代後半〜40代になると、コーディングのイレギュラーを防いでいる酵素(スーパーオキシドジスムターゼ、カタラーゼ、グルタチオンペルオキシダーゼなど)に個人差が生じてきます。これが、成人病発生の要因と考えられています。糖尿病は、高血糖状態が続くと、コーディングにトラブルを起こすであろう活性酵素が発生して、細胞の損傷を起こすことで、とくに血管系に及ぼす影響が大きい。このようなことから、「人は血管の細胞と共に老いる」と言えるのです。


糖尿病治療のポイント

1.高血糖状態にしない。
2.過剰な活性酵素をなくす。
3.良質なたんぱく質とビタミン、ミネラルのを充分摂取する。


緑茶が血糖の上昇を抑制する


1日5杯くらいの緑茶飲むと血糖値を下げる効果が期待できるようです。
 その他の実験から、たんぱく尿もプラスからマイナスとなるなど、興味深い結果も報告されており、今後の研究が期待されます。良質なミネラルを生活習慣の中で取り入れていくには、緑茶は最適な嗜好品と言えるようです。

 自分の身体を守るためには、治療よりも予防の時代。日ごろの食生活で健康を保つよう心掛けましょう。

お茶で花粉症を緩和

お茶で花粉症を緩和


 昨年よりちょっと早い春一番のニュースが各地から届き、梅の花も咲きはじめました。この季節になるとユウウツになる方たちといえば、花粉症のみなさんですね。今年の花粉はほぼ平年並とのこと。ヒスタミン剤を飲みたくない人は、ツボをおしたり、針治療にいったり、対策にご苦労なさっているようです。そこで、今回は、『お茶の習慣で花粉症を緩和』です。今は花粉症じゃない方も、立派な予備軍といわれる現代病。予防のためにぜひご一読を。


アレルギーが起こるしくみ

 スギやヒノキ、ブタクサなどの花粉に反応する花粉症。年間を通じてダニやホコリで鼻水鼻づまりに悩まされるアレルギー性鼻炎、ぜんそく、アトピー性皮膚炎などは、症状や原因は違ってもアレルギー症状が起こるしくみは同じです。

お茶の効果

 お茶の花粉症に対する効果って?花粉症に対する効果についてご紹介します。

 まず、ラットに花粉症の抗体を注射して、24時間後に緑茶、ウーロン茶、紅茶のそれぞれ抽出液を飲ませ、抗原を注射して実験。結果は、いずれにも花粉症など抗原抗体反応によるI型アレルギーを抑える効果が認められたそうです。ラットの体重1キログラムあたり120ミリグラムのお茶抽出液を与えると、アレルギーを50%抑えました。これは人間が通常飲むお茶の約10杯分にあたります。この効果は現在アレルギー治療に使われているトラニストという薬に匹敵します。

 作用の持続時間を比較すると、緑茶とウーロン茶は飲んで30分程度で強い効果を表し、1時間後に最も強く持続は約3時間ほど。紅茶は1時間ぐらいで強い効力を示し、効果は6時間後も効果が認められました。こうした効果はお茶の渋みの成分のカテキン類やカフェインが、肥満細胞からヒスタミンが出るのを抑えることによるそうです。

 お茶の機能を活かすには

 このような効果は、江戸時代の医師人見必大が食物の好悪について記した『本朝食鑑』に、「煎茶に塩を少しばかり加えて、頻繁に目を洗うとはやり目によい」との記載があり、薬として日本に持ち込まれたお茶の効果は昔から伝えられ、昨今カテキンの研究により化学的に明らかにされつつあるものです。緑茶は現代の薬とは違いますから劇的な効果を期待できるものではありません。症状が出る前から無理なく楽しんで常飲し、アレルギーを悪化させる生活を避けることをおすすめします

お茶で血液サラサラ

お茶で血液サラサラ


 今では死亡原因の多くを占めている心筋梗塞や脳硬塞。
 昔は欧米人の病気と言われ、日本には少なかったそうです。これも食生活が欧米化してきたことが原因と考えられています。
 ならば、食生活で予防が可能なはず。でも周囲を見ればおいしいものがいっぱいの現代。ついつい油っぽいものを食べてしまうのは本能だからしょうがない。そこで食後のお茶のはたらきについて、お教えしましょう。


なぜ起こる?血栓症

 心筋梗塞や脳硬塞は、いずれも血管を流れる血液が固まって血液の流れが止まるため、心臓や脳の一部が壊死してしまうため起こる病気です。
 血管は年齢とともに老化して硬くなります。でも血液がサラサラときれいに流れていれば血栓症は防げると考えられています。血液がサラサラでなくなるのは、血の中の血小板が固まるから。血栓症に対して医療で使われている薬は、この「血小板凝集抑制」の薬です。


食生活での一次予防

 北欧グリーンランドに住むエスキモーには血栓症が少ないそうです。その原因が彼らの食生活にあるとして調べたところ、魚やアザラシの肉に含まれるエイコサペンタン酸(EPA)やドコサヘキサエン酸(DHA)などの物質に血小板凝集を抑制する作用があることがわかりました。
 血液をきれいな状態にしておくことで、血栓症の一次予防をしておくことが、最も重要なことです。それには日常の食生活で血液の流れを良くする食物をバランスよく、おいしく続けることが有効です。


カテキンが脂酸化を防止

 食用油を使ってから置いておくとネバネバしたり臭くなったりします。これは油脂が酸化することによって起こるもので、お茶にこの酸化を抑える抗酸化作用があることが認められ、現在食品工業で実用化が進められています。

生体内での脂質酸化抑制について実験が行われ、カテキンに過酸化油脂の投与によって起こるGPT*(肝機能検査の値)上昇を抑えるはたらきがあることがわかりました。

お茶で血をサラサラに

 お茶の血小板凝集抑制について、製造方法が異なるお茶(発酵〜不発酵)について、調べた結果が下の表です。
 このカテキンのはたらきが、日常の茶の飲用で有効かについては、吸収、排出等、ヒト体内での作用についてさらに研究されることが必要ですが、日常の飮茶がきれいな血を保つ効果についての研究がさらに期待されます。

お茶を食べる

お茶を食べる

 

みなさん、お茶はふだん急須にいれて飲んでいらっしゃると思いますが、その他の使い方をしたことがありますか?お風呂にいれるとお肌にイイというお話をご紹介しましたが、今回は、これまでご紹介したさまざまな効能を、より効果的に吸収する方法として、「お茶を食べる」お話をご紹介します。



食べるお茶

  これまでご紹介してきた、O-157、成人病、アレルギーなどに効果があるのは、主としてカテキンによることは、各回でご説明しました。緑茶には、カテキンの他にも、カロチン、ビタミンC、食物繊維、クロロフィル、ミネラルなど、ヒトの健康に役立つ成分が抱負に含まれています。 

 しかし、これらの成分には、飲むだけでは摂取できないものもあり、「お茶を食べる」ということが考えられるようになりました。ふつうにお茶をいれて抽出されない成分も、お茶を食べることですべて摂取できることになります。「お茶を食べる」というと、新しいことのように感じますが、実は「茶の湯」でいただいている抹茶は茶葉を粉末にしたもので、この粉末の緑茶を食事に取り入れようというのが、「食べるお茶」なのです。


お茶ミルでカンタン粉茶

 お茶を粉末にして食べるといっても、「どうやって?」という素朴な疑問が浮上。もちろんお手持ちのキッチンカッターやコーヒーミルでつくっても結構ですが、食べるお茶用に粉末の商品が販売されていて、取り寄せも可能。緑茶ソースのようにクリーミーな料理を作りたいときはこちらがおすすめ。

粗びきにしてゴマやチリメンジャコをまぜて、お好みふりかけをつくったり、パスタやサラダに入れたり、ハーブと同じようにも使えます。今、おいしく健康的なお料理として緑茶パウダーを使うのが、ちょっとしたブームなのです。


緑茶で健康回復!お茶ヨーグルト

この緑茶ヨーグルトのつくりかたはカンタン。ふだんお飲みのお茶を細かい粉にして、茶さじ1杯をヨーグルトに混ぜるだけ。みなさんも試してみては?


夏に向けて、お弁当に緑茶ごはん

 夏場は食中毒が恐いですよね。とくにお弁当は、作ってから食べるまで時間をおくのが心配。この粉末の緑茶は、お弁当の抗菌面でも活躍します。お茶は、梅干しと同様、抗菌効果を発揮してお弁当ががいたむのを防ぐのです。
 

お弁当におすすめのメニューは「緑茶ご飯」。お水のかわりにお茶でご飯を炊く「茶めし」とはちがって、緑あざやかでカンタンなメニューです。作り方は、焚きたてごはん(茶碗1杯)に、軽くスプーン1杯の緑茶パウダーを茶こしで振り入れ、しゃもじでよく混ぜて、できあがり!
 その他にも、揚げ物の衣やマヨネーズなど、ふだんの料理に緑茶パウダーをいれるなど、応用は自在。スプーン1杯の緑茶で、料理のバリエーションが広がり、バランスよく栄養が取れて、健康、抗菌はもちろん、緑茶のさわやかな香りと鮮やかな色を楽しめる。ぜひ試してみてください。


カフェインでリラックス

カフェインでリラックス

 おウチで家族が団欒するとき、会社でちょっと休憩するとき、「お茶にしよう。」と言いますよね。この「ちょっといっぷく」のリラックスタイムにどうしてお茶がいいのかしら?お茶の成分でみなさんご存知、カフェインのお話です。


お茶が飲まれるようになったワケ

 お茶やコーヒーは、昔は薬として飲まれていました。私たちが日常飲んでいる緑茶、ウーロン茶、紅茶‥‥世界各地にお茶を飲む習慣があります。高い香りと深い味わい、そして各地に伝えられた飲み方の文化は、心やからだのモヤモヤをはらい、楽しいくつろぎのひとときをもたらしてくれることを人々は昔から知っていたのです。人がお茶やコーヒーを飲みたいと思うのは、カフェインを欲するから。カフェインはコーヒーやお茶の苦味の成分で、お茶の効能の中でも最もわかりやすいもの。夜飲むと眠れなくなるという方もいますが、それがカフェインの覚醒作用です。カフェインは血液のめぐりを良くし、脳を刺激するので、頭脳労働やハイテンションになりたいときにうってつけ。心身ともに元気にする成分だから、世界中で飲まれてきたのです。


お茶にカフェインは多い?

 茶葉(乾物)に含まれるカフェインの量は2〜3%に対して、コーヒー(いり豆)中のカフェインは1.3%と、コーヒー豆の方が少ない。でも、みなさんが飲むとき、つまりカップ1杯中に含まれるカフェイン量で比較すると、緑茶で20〜30mg、コーヒーでは80〜100mgと、コーヒーの方が2倍以上も多いのです。さらに、お茶のカフェインは消化中にカテキン類と複合物を形成するため、コーヒーほど速やかには吸収されず、カフェインの生理作用がマイルドにはたらく特長があるといわれています。
 でも、これからのシーズン玉露をいただいたりするときには、飲む量に気をつけて。たくさん飲むと本当に酔ってしまいますから、ぬるめの湯でいれて小さな茶器に少量ずつ楽しんでください。


カフェインの効能

 覚醒作用というとちょっと刺激的ですが、カフェインには覚醒作用だけではなく、いろんな効能があります。

中枢神経興奮    覚醒 注意力低下の抑制 倦怠感や疲労の減少 知的作業能率の向上
強心作用 冠動脈の拡張 心筋収縮力の増加 心拍数の上昇 血液循環の改善
平滑筋の弛緩 気管支拡張 鎮痙(抗喘息)効果
横紋筋の収縮 骨格筋の収縮 運動、敏捷性の増加 作業能率の向上
胃酸分泌刺激 呼吸量 生成熟(熱産生)量の増加 体脂肪、グリコーゲンの分解促進 血中のカテコールアミン、遊離脂肪酸、グルコ ースレベルの上昇


多すぎるカフェインは有害?

 カフェインは、成人の場合200〜300mgであれば身体に害はありません。でも、500mg以上のカフェインをとると、吐き気、めまい、耳鳴り、悪心、けいれん、不整脈、動悸、筋肉痛、不穏などの症状を起こすといわれています。これらの作用は一過性で普通半日くらいで回復しますが、気をつけましょう。これだけのカフェインを摂取する量は、お茶で十杯以上、コーヒーでは5〜6杯にあたります。日本人のカフェイン摂取量は、お茶やコーヒーの消費量から平均1人1日あたり200mg前後といわれていますから、害作用があらわれることはまずないといわれますが一応注意。カフェイン成分は、湯の温度が高いほど溶けやすい性質があります。高温の湯でお茶をいれるとおいしくないのは、カフェインの苦味とカテキンの渋味のためです。じょうずに湯さまししておいしくお茶をいれ、適度なカフェインとくつろぎタイムを楽しんでください。

お茶でシミを予防

シミを予防するお茶

 いよいよ海へ山へと遊びに出かける楽しい夏の到来です。でも、強い陽射しの下ではしゃいで気がついたら顔がマックロなんて後悔することも…。そこで、どこのおウチにもあるお茶でシミ予防はいかが?夏を元気に遊んで美しく過ごすために、お茶の脱色作用のおハナシです。


シミってどうしてできるの?

 シミは女性の大敵。肌の表面にある表皮は、美しさを決める重要な要素です。その厚さはわずか0.07〜0.1mm。上から確執層、顆粒層、有蕀層、基底層の4層から成っています。
 メラニン色素ができるのは、この最下層にある基底層。ここにはメラノサイトという色素細胞があり、紫外線をあびるとチロシナーゼとい呼ばれる酵素の働きを受けて活発にはたらき、黒褐色の色素メラニンをつくるのです。メラニンは、紫外線から肌を守ったり、肌の色を作りだしたりする働きをしていますが、これが過剰につくられると色素が沈着してシミの原因となります。肌の新陳代謝が活発に行われていれば、メラニンは角質層でアカといっしょにはがれ落ちて肌ももとにもどります。しかし、紫外線を浴びすぎると皮膚の水分が失われて肌の新陳代謝が悪くなってしまい、皮膚の中にいるメラニンがシミやソバカスをつくってしまうのです。

シミ予防にお茶を利用するなら、熱いお湯でいれたお茶を1日5〜6杯飲むことをおすすめします。


お茶風呂、お茶洗顔がおすすめ

 皮膚の外側からカテキンを取り入れるには、た「緑茶風呂」がおすすめ。カテキンの殺菌効果で体臭予防やあせもがある人にも効果が期待できます

ページトップへ